Top Logo background_white

Top Logo background_white

神奈川 湘南の地、鎌倉・片瀬山・西鎌倉・腰越・藤沢・大船・江ノ島・七里ヶ浜近くのフラダンス教室。湘南モノレール片瀬山駅から徒歩5分

SS
S
M
L
pc

フラダンス 神奈川 湘南 鎌倉 藤沢 大船 七里ヶ浜 江ノ島 クプナ募集画像 フラダンス 神奈川 湘南 鎌倉 藤沢 大船 七里ヶ浜 江ノ島 新規募集画像

第3回 Hulaの楽器 その1

Hulaの楽器には古来より受け継がれてきたものから、ウクレレのような比較的新しい楽器までいろいろあります。 今回はその中でもHulaの踊りに良く登場する楽器を紹介します。 ■イプへケ(ipu heke) イプとは日本語では瓢箪(ひょうたん)のこと意味します。まあ、ヘケには「上、上部」という意味があります。 イプへケは違う種類の種から作られる瓢箪の中身をくり貫いて2つつなぎ合わせた楽器で、主に伴奏者がリズムを奏でますが、ダンサーが持って踊ることも。 音の鳴らし方はイプヘケの側面を叩いたり、地面に打ちつけて音を出します。 側面を叩いてみると、叩く場所によって音が違います。低音、高音、深い音、軽い音etc 一番叩きやすく音が良い面を叩くようにします。 とても深く心地よい音がしますよ。 私のレッスンでもイプヘケを私が奏で、ベーシックレッスンをする事も多いです。

↑ PAGE TOP