Top Logo background_white

Top Logo background_white

神奈川 湘南の地、鎌倉・片瀬山・西鎌倉・腰越・藤沢・大船・江ノ島・七里ヶ浜近くのフラダンス教室。湘南モノレール片瀬山駅から徒歩5分

SS
S
M
L
pc

フラダンス 神奈川 湘南 鎌倉 藤沢 大船 七里ヶ浜 江ノ島 クプナ募集画像 フラダンス 神奈川 湘南 鎌倉 藤沢 大船 七里ヶ浜 江ノ島 新規募集画像

第4回 Hulaの楽器 その2

前回はHulaの第1回目としてIpu Hekeについて紹介しました。 今回はIpu Hekeと同じくIpu(瓢箪)を使った楽器を紹介します。
■イプへケオレ(ipu heke ‘ole) オレとは「違う、ない」などの意味があり、イプヘケではない、つまり上部がついてないイプのことを意味しています。 形は小さいものが多く、ダンサーがもって踊ることが多いです。大きなものでは伴奏に使われることもあります。 一般的にイプというとこのイプヘケオレのことを指します。 作る時に、ひょうたんの上部をノコギリで切り、中身を長いスプーンでくり抜き、種も全部出して中身をどんどん薄くそり落としていきます。どんどん薄くそぎ落とすにつれ、深みのある良い音が出ますよ。 表面はククイから出る油を塗ったりして艶を出します。 話はそれますが、ククイの実には油が多く含まれていて、古代ハワイアンはククイの油を灯に使用したりしていました。 我ハーラウでもイププロジェクトと名付けて、全員がイプを種から育て、自分が育て、作ったイプを使用して踊ろう企画をしました。 イプの花は夜咲くので、夜に受粉をしにいったりと楽しかったですよ。

↑ PAGE TOP